ホームシアター・オーディオルーム防音工事

〜プロユースで培ったノウハウをご家庭のホームシアター・オーディオルームに〜

デジタルメディアの発達によって、個人所有のホームシアター・オーディオルームなどの設計も増加傾向にあります。
個人住宅の場合、スタジオやホールのように音響を考慮した建物ではないことが前提で、且つ部屋の広さや形状もそれぞれ違うため、一部屋ごとにゼロからの設計になります。
建築音響設計のみならず、音響機材、照明といった各分野のプロが集結し、建築物としても施主の要望を満たす空間づくりを実現します。

ホームシアター・オーディオルームでこんなお悩みありませんか?

・ホームシアター・オーディオルーム内でオーディオから音を出す際に音や振動が隣の部屋や上下階に響いてしまう
・ウーハーからの重低音による振動がひどい
・ホームシアター・オーディオルーム内での音が反響して聞きとりにくい
・ホームシアタールーム・オーディオルーム内に外からの音が入ってきてしまう
・反響と吸音のバランスを自分の好みの空間にしたい

ホームシアター・オーディオルーム防音工事4つのポイント

①遮音

余計な雑音がなく、映画や音楽鑑賞に集中出来る。
大音量を出しても、近隣に気兼ねなく映画や音楽鑑賞を楽しめる。

②防振

個体伝搬音を防ぐ事で遮音性能を向上する。

③吸音・音響

目的に応じて室内の響き具合を設計する。

④室内騒音

室内の静けさを保つ。

①遮音

遮音は室内の音が外部へ漏れない様にすること、外部の音が室内に入らない様にすることが基本となります。ホームシアターでもオーディオルームでも基本的には音源の音量を目安に目的や予算に応じて設定して行きます。大体何デシベルの音量を出したいか、使用時間や隣接する室、近隣の状況などを加味して遮音性能を設定しますが、過度な設計とならない様、予算に応じた設計も必要となります。
当社では対策前・後の遮音性能のシミュレーションを行い、事前に効果を予測したご提案をいたします。対策前・後の測定を行うことも可能です。

ホームシアターやオーディオルームの防音性能は、D値という遮音性能の等級で評価されます。D値と人の聞こえ方(感じ方)の対応はおおよそ下記表のような関係になっています。これにより、隣室の使用条件によって必要な防音性能は変わりますが、D-65~D-70程度が目標値となります。

遮音性能D値とは

遮音性能の評価として、図-1に示すJIS A 1419-1(2000)『建築物及び建築部材の遮音性能の評価方法−空気音遮断性能』に示される空気音遮断性能を評価するための基準曲線を用いて評価します。各周波数における測定値をプロットし結んだ曲線に対して、等級曲線を全て上回る等級曲線をその等級と評価します(各周波数2dB許容)。図-1で示した例ではD-40となります。また、遮音等級D値について表-2の評価表(日本建築学会推奨基準)を用いて評価します。

図-1 空気音遮断性能(遮音等級曲線)
表-2 空間平均音圧レベル差に関する適用等級

②防振

サブウーハーなどスピーカーから出す重低音は、振動となって建物を振動させます。これを個体伝搬音と言いますが、これを抑える為には防振構造と言って部屋を浮かせる必要があります。
具体的には、防振ゴムを使用して床や天井を浮かせる構造となり、防振と言ってもただゴムを挟めば良いと言う訳ではなく、建物や選定した遮音構造に応じた適切な防振ゴムの選定が必須となります。即ち適切な防振設計が部屋の遮音性能に大きく影響します。ウーハーなどの重低音は50Hz以下の周波数の音となります。適切な防振ゴムではない、あるいはグラスウールを敷いただけの浮き床の場合、低音域で共振してしまい重低音は聞こえると言う現象が起きます。仮に遮音性能はD-65を満たしていても、D値は125Hzからの規格ですので、それ以下の周波数はかなり悪い遮音性能となってしまいます。
遮音・防振と言っても建築物の条件や使用する材料について、音響的に専門的な知識や経験が必要となります。

③吸音・音響

ホームシアターでは、部屋全体を吸音する事も大切ですが、フラッターエコーなどの音響障害がない空間作りが大切です。

オーディオルームでは、吸音も大切ですが、吸音しすぎてデッドな空間ではつまらない音響空間になってしまうため、音楽ホールなどと同様に響きを大切にした音響設計を行います。
室内の響き具合の目安に残響時間と言う定義があります。これは60dB減衰するまでの時間を表し、室の容積が大きい程、残響時間は長くなります。
使用する室の容積や目的によって、最適残響時間は異なり、ホームシアターやオーディオルームに適した残響時間を設定し、部屋の内装材を選定して行きます。

残響時間を最適なものにしただけでは、フラッターエコーなどの音響障害が発生することがあります。フラッターエコーとは平行する壁や天井、床に音が反射し、反射した音がさらに反射を繰り返す事で起こる不快な音響障害の事です。風呂場で歌ったりする時にも起きるもので、普通の部屋で手を叩くと"ビーン"と言った音が断続的に聞こえる様な感じになります。
これをコントロールするには、平行する対面に吸音材をランダムに配置する、平行面をなくす(壁や天井に斜めにする)、拡散板を適度に設ける(ホールの壁や天井にある凸凹したものが例です)など様々な技術が必要とされます。

当社では対策前・後の残響時間のシミュレーションを行い、事前に効果を予測したご提案をいたします。対策前・後の測定を行うことも可能です。

一言に音響調整と言っても、感覚的な要素も多分にあるため、施工途中でユーザー様に実験して頂く場合もあります。

④室内騒音

ホームシアターやオーディオルームを楽しむために、外部の騒音やエアコンの音が大きいと、映画や音楽に集中出来なくなっては台無しです。
外部からの騒音は室内〜外部へ対する遮音・防振を行う事で問題ありませんが、エアコンや換気扇の音は『消音』と言ってダクトからの音を減衰させる必要があります。必然的にエアコンは壁掛けエアコンなどではなく、ダクト式を選択する事になります。ただし、この技術はスタジオやホールなどでも用いるものでコストアップになる事もあり、ご予算に応じたご提案を差し上げます。

室内騒音の設計目標は下記表に示すようにホームシアターやオーディオルームでは、NC-20~25程度です。また、外部騒音については建設予定地の環境騒音を事前調査し十分検討した上での設計が必要となります。

ホームシアター・オーディオルーム防音工事の費用

6畳間で200万円〜

ホームシアター・オーディオルーム防音工事導入までの流れ

お客様のご相談・お申し込みから、設置・施工完了までの流れをご説明します。
下記の流れは一例です。そのほかに必要な工程などがありましたら、ケースに応じて対応することも可能です。

STEP1

ご相談

音に関するお悩みやご希望なら、防音工事に関することなら何でもお気軽にご相談ください。
また、お部屋の目的やご要望をお聞かせください。

STEP2

計画・設計

お部屋の広さ・構造・音響機材の種類など各条件をもとに、音響性能を綿密に考慮した基本設計案を作成いたします。

STEP3

ご提案

ご要望・ご予算に合わせ、最適なプランをご提案させていただきます。この際に遮音性能、残響時間など音響諸条件について計算してご説明いたします。

STEP4

ご契約

関設計案・お見積書を十分にご検討いただき、ご契約をさせていただきます。

STEP5

施工

ご経験豊かな弊社スタッフが、責任をもって施工をいたします。

STEP6

音響測定

設計通りの音響性能が担保できているか測定して確認いたします。

STEP7

アフターケア

施工後のメンテナンスは、万全の体制でおこないます。

よく頂くご質問

打ち合わせや現地を調査するのに費用はかかりますか?

関東圏外や遠方の場合は費用をいただく場合がございます。

時間の制限なく演奏可能な防音室は作れますか?

はい。各用途に合わせた防音設計をさせていただきます。
弊社では24時間演奏可能な防音賃貸マンションを運営しております。

防音設計のみの依頼は可能ですか?

弊社では遮音性能値を含む工事を責任施工で行っておりますので設計のみ(企画段階からの設計協力を除く)というのは基本的に行っておりません。

関東以外でも対応出来ますか?

対応しております。過去40年間、日本全国対応してきた実績があります。

工事期間は一般的にどのくらいかかりますか?

一般的に6畳1室あたり20~30営業日必要となります。パネル工法(ユニット式)の場合では5〜10営業日必要となります。

ホームシアターの防音工事事例

ホームシアター・オーディオルーム防音工事実績

郷ひろみ邸リスニングルーム防音音響工事1988年3月
大谷邸リスニングルーム防音音響工事1990年5月
ライオンズマンションリスニングルーム設計監理1990年11月
磯野邸リスニングルーム防音音響工事1991年3月
松田邸リスニングルーム防音音響工事1991年5月
今村邸リスニングルーム防音音響工事1991年9月
加藤邸リスニングルーム防音音響工事1992年1月
猪股邸リスニングルーム音響対策工事1993年2月
三石邸リスニングルーム防音音響工事1994年3月
丹下邸リスニングルーム防音工事1999年9月
小野寺邸 ホームシアター防音工事2006年6月
I様邸 オーディオルーム防音・音響工事2012年11月
A邸 オーディオルーム防音・音響工事2013年3月
山腰邸 オーディオルーム2017年9月